HCD-Netフォーラム2018 ライトニングトーク登壇申し込み

Description
HCD-Netフォーラム2日目午前中のセッション「ライトニングトーク&車座トーク」のライトニングトーク申し込みのためのページです。
フォーラムの申し込みは下記ページからお願いします。
https://hcdnet-forum2018.peatix.com/

<セッション概要>
フォーラムテーマについて語り合うセッションです。
前半はライトニングトーク、後半はライトニングトークを受けての小グループでの対話を行います。話を聞くだけでなく、あなた自身の言葉で語り合いませんか。

プロのナレッジ共有といっても、講座や事例を聞く機会が多く、プロフェッショナル同士対話する機会は少ないと思います。「情報」は発信することで集まりやすくなります。小さな集まりですが、日頃の想いや疑問を開示して触発し合う場として使ってください。

車座トークではテーブルごとにテーマとテーブルホストを設定し、対話の可視化を行いながら進めます。
ここで出た話題は、HCD-Netの今後の施策にも役立てていきます。

是非、ご参加ください。

<ライトニングトークについて>
ライトニングトーク(5分/人、10名まで)
フォーラムのテーマに関することならなんでも
  • 視点、考え方などの表明
  • こんな活動をしていますというアピール
  • フォーラム1日目の感想(*当日枠を作ります)
また、ライトニングトーク登壇者でテーブルホストをやっていただける方は、2日目の参加費(研究発表会を含む)が無料となります。ご自分の取り上げた話題で対話をしてみたい方は申込時アンケートで「テーブルホスト希望」にチェックをお願いします。

すでに、フォーラムの申し込みを済ませていて、金額調整が必要な方は、申し込み時アンケートのコメント欄でその旨お知らせください。

<テーブルホストについて>
車座トークの各テーブルで参加者の対話を促す役目です。
自分の思いや事例をライトニングトークでなげかけて、そのフィードバックを引き出していただき、対話につなげるというのが理想形です。
テーブルの対話の可視化や、最後の共有時間での発表を行います。記録方法や発表者は、ホストが中心になってテーブルの中で決めてください。

<対話の記録のとりかたについて>
ポストイットとA4、A3の白紙、サインペン人数分、プロッキー3色など、用意します。
発言者がポストイットに書く、ワールドカフェ的に自由に紙に書くなど、集まった人たちでやりやすい方法でお願いします。
過去の集まりの例ですと、次のようなやり方がおすすめです。

  1. 各自が自分の発言のキーワードをポストイットに書く
  2. 手が止まる人の分はテーブルホストが補って書く
  3. ポストイットをA3白紙に貼る
  4. 全体共有の前に、グループでポストイットを動かしながら、他のグループに伝えることを考える

<プログラム>
(1)ライトニングトーク(5分/人、10名まで)
冒頭は、HCD-Net教育事業部から、過去に「HCD-Net広めたい人Meetup」の車座トークでどんなことが話題に上がっていたかを紹介します。

  1. 「変えること/変えないこと ~HCD広めたい人が気にしていることから~」和井田 理科(HCD-Net教育事業部)
  2. 「HCD/UXDのスキル習得のためにみんなでやっていることやその課題について」色川 淳一(ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社)
...and more

(2)車座トーク
 (1)を受けて、興味のあるテーマのテーブルに参加していただきます
 最後に全体共有時間を設けます。

皆様の参加をおまちしています。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#387536 2018-11-14 00:55:29
Sat Dec 1, 2018
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
ライトニングトーク登壇
Venue Address
港区高輪2丁目3−23 Japan
Organizer
人間中心設計推進機構(HCD-Net)
1,190 Followers